気ままにお散歩
~日々の生活を感じるままに記録中~
Seda(土)/Saori(日)/Felice(英)
  • Author:Seda(土)/Saori(日)/Felice(英)
  • ここでは、毎日の生活で目に留まったモノを記録していきます。私自身は、めちゃめちゃ不器用で何かを作るということは出来ないタイプの人間。(図工の作品とか悲惨で、弟によくバカにされていました…)その反動からか、人一倍物づくりの工程を見るのは好き。雑貨でも、料理でも、人の手から産み出されるものってイイ!!

    コメントなどは、お気軽に☆

  • RSS1.0
  • 07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
  • 未分類 (0)
  • はじめに (2)
  • 日常のつぶやき (284)
  • BonAppetit召し上がれ (85)
  • Food/食育 (23)
  • 草・花・畑 (48)
  • culture/旅行 (53)
  • WWOOF (22)
  • 建物・家の話 (12)
  • 日常雑貨 (41)
  • ぶっくまーく (50)
  • 旧朝倉邸と、メキシカン(09/08)
  • ビルズ 一号店(09/08)
  • 都会のアクアリュウム(09/08)
  • うずらとあずき(07/17)
  • 蜂蜜しょうが(07/14)
  • saori (01/25)
  • hiromin@AZ (01/23)
  • saori (01/23)
  • saori (01/23)
  • トイプードル (01/16)
  • bio (01/14)
  • 管理者 (01/06)
  • 話題の話題日々更新中♪:東京朝市 東雲の話題紹介(06/13)
  • 情報商材・アフィリエイトで爆発的に稼げるネタを公開 infoclick:元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える驚異のゴルフ上達法(12/14)
  • 首都の旅:(10/13)
  • 世界遺産に行こう:(10/07)
  • ももかのblog:松本幸四郎(09/20)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年07月 (3)
  • 2011年06月 (4)
  • 2011年05月 (2)
  • 2011年04月 (3)
  • 2011年03月 (3)
  • 2011年02月 (3)
  • 2011年01月 (16)
  • 2010年12月 (21)
  • 2010年11月 (26)
  • 2010年10月 (43)
  • 2010年09月 (14)
  • 2010年08月 (10)
  • 2010年07月 (7)
  • 2010年06月 (2)
  • 2010年05月 (6)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (2)
  • 2010年02月 (3)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年12月 (1)
  • 2009年11月 (2)
  • 2009年10月 (3)
  • 2009年09月 (5)
  • 2009年07月 (2)
  • 2009年06月 (9)
  • 2009年04月 (2)
  • 2009年03月 (5)
  • 2009年01月 (5)
  • 2008年12月 (10)
  • 2008年11月 (8)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (4)
  • 2008年08月 (13)
  • 2008年07月 (14)
  • 2008年06月 (8)
  • 2008年05月 (7)
  • 2008年04月 (3)
  • 2008年03月 (7)
  • 2008年02月 (5)
  • 2008年01月 (4)
  • 2007年12月 (8)
  • 2007年11月 (8)
  • 2007年10月 (14)
  • 2007年09月 (12)
  • 2007年08月 (14)
  • 2007年07月 (14)
  • 2007年06月 (9)
  • 2007年05月 (14)
  • 2007年04月 (19)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (10)
  • 2007年01月 (13)
  • 2006年12月 (10)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (13)
  • 2006年09月 (20)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (11)
  • 2006年06月 (24)
  • 2006年05月 (10)
  • 2006年04月 (6)
  • 2006年03月 (6)
  • 2006年02月 (7)
  • 2006年01月 (9)
  • 2005年12月 (10)
  • 2005年10月 (1)
  • 2005年08月 (11)
  • 2005年07月 (17)
  • 旧)canada-memo in Japan
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
    シルクドソレイユ ZED
    いってきました、シルクドソレイユ ZED。
    舞浜は久しぶり。

    ディズニーランドを横目に、会場へ。

    これまでの演目も、とても大きなステージだったけど
    それとはまた違いました(テントじゃないですもんね)




    劇場です!


    お客様が少なくて、さみしい感じはあったけど
    パフォーマンスは最高!!


    人間ここまで、できるの!?という感じで
    一番印象に残っているのが
    ギリシャ彫刻のような肉体技

    スタートのリアル アバターのような衣装も
    とっても印象的でした。

    一流のパフォーマンス集団です。


    一度はラスベガスの 0 も観たいなと改めて思いました。

    スポンサーサイト
    【2011/02/06 16:55】 ぶっくまーく | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    SPACE BATTLESHIP ヤマト
    SPACE BATTLESHIP ヤマト観てきちゃいました。

    豪華出演人というのは、このことを言うのかも。
    芸達者な人たちがたくさんの映画です。

    黒木メイサさんが、可愛い&ビューティ。
    木村拓哉さんは、この映画でもキムタクでした。

    もしかしたら原作の古代進(この名前も、漢字でみるとなんか意味ありげ)
    キャラも、こんな感じなのでしょうか。。

    実は、アニメも漫画もちゃんと見たことがないので
    とくに比較するものはなく、まっさら。

    POPカルチャー
    日本映画
    ストーリーは読めちゃいます。

    宇宙もの?宇宙人との戦いですが 
    正直、アルマゲドンまでの深みは無し

    と、書いてみましたが
    テンポよし
    音楽よし (そりゃぁ エアロスミスですしというか、ボーカルさんだし)
    豪華な出演者と、キャラクターよし(これは原作が良いからかな) です。

    なので2時間ちょっとに収めるのは大変で、
    もったいないなぁー要素がチラチラ

    あと1800円は高いかなぁ~
    でも大きな画でみた方がいいかと思います。

    結論:レンタルして自宅で大きなスクリーンで観るのがいいでしょう。



    <ただ今読書中!>
    101224_0747~01


    【2010/12/23 09:40】 ぶっくまーく | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    映画 ノルウェーの森
    映画「ノルウェーの森」を観てきました。

    因みに原作は
    10年前に途中で脱落
    当時、春樹様との相性がイマイチかもと思った私です。

    ※1Q45は三冊楽しく読んだが、
    読後はやはりスッキリしない。


    で、映画のはなし

    破滅型の人間がたくさん出てきた~

    R指定な、
    ある意味現実に近い
    ヒトコマ満載
    やりとり満載


    あと
    菊地りんこさんじゃないと、
    あそこまでの映像は撮れないかも。
    事務所が許さない?


    お気に入りシーンは
    宣伝にも使われている
    雪山で二人が顔を寄せる所


    息をのむ綺麗さでした。


    映画とは関係ないですが
    上映中に映像が途切れ
    再開にしばらく時間がかかるというハプニングか

    あるんだね、そういうこと


    無料券、戴きました




    【2010/12/13 18:32】 ぶっくまーく | TRACKBACK(0) | COMMENT(1) |
    NO LIMIT~自分を超える方法~
    NO LIMIT~自分を超える方法~サンクチュアリ出版 

    テレビやメディアで話題になっている
    栗城史多さんは、
    日本人初となる「世界7大陸最高峰 単独・無酸素登頂」の冒険に挑む若き登山家。

    その彼の本です。

    ツイッターに寄せられたコメントや質問を
    エベレストからリアルタイムで読み上げるなど、
    ファンの人たちと冒険と感動の共有をしました。

    日々の生活のなかで迷いをもっている人にオススメな本です。
    どちらかというと学生20歳以下向きかなー。
    【2010/11/26 11:19】 ぶっくまーく | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
    ハリーポッターと死の秘宝
    観てきました
    「ハリーポッターと死の秘宝」


    「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
    (2008/07/23)
    J. K. ローリング

    商品詳細を見る


    実は、前作見ていなかったので
    どうしようか迷ったのですが、行っちゃえ~と勢いで。
    なので、吹き替えで。
    IMAXだったので音も良くて
    3Dじゃなくて良かったと思ったのは私だけではないはず。


    いやー面白かったです。
    物語の世界観の表現が上手い!
    (同じくファンタジー系の、ナルニアはちょっと残念な感じ)

    文化・背景がMIXされているところがあるので
    イギリス人だったら、もっと気持ちが入るんだろうなぁー。

    1作目から数年たっているので
    当時見ていた子供たちも成長しているから
    ちょっと大人向きにもなっています。

    原作の読みなおしをしようかな。


    【2010/11/24 14:25】 ぶっくまーく | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。